インプラント治療って何?

失った歯の働きを補うために、顎の骨にフィクスチャーと呼ばれる土台を埋め込み、人工義歯を固定する方法をインプラントといいます。インプラント治療を行うためには、まずは顎の骨にフィクスチャーを埋め込むための、外科手術をしなければなりません。大掛かりな治療となりますが、一度治療を終えれば定期的にメンテナンスを行うことにより、半永久的に頑丈な人工歯を手に入れることができます。また、顎の骨で義歯を固定するため、自然の歯と変わらない噛み心地を楽しむことができます。

インプラントとブリッジの違い

顎で支えるインプラント

外科手術を必要とするインプラントは、1本30万円程度という高額な治療費を必要とします。また、治療を終えるまでに半年以上の時間も必要となります。お金も手間もかかりますが、一度取り付ければその効果は半永久的に続きます。歯を失った箇所以外は手を加えないので、健康な歯を傷つける恐れはありません。

健康な歯で支えるブリッジ

その名前の通り、失った歯の両側にある健康な歯を支えとして義歯を取り付ける方法を、ブリッジといいます。健康な歯とブリッジの間には食べ物が挟まりやすく、手入れに手間が掛かるという欠点はありますが、素材によっては健康保険が適用されるため費用は安く済むというメリットがあります。装着しても自然に見えるので、審美性が失われないという点も嬉しいポイントだといえます。

費用や目的に合わせて治療方法を選択しよう

歯科医院で失った歯を補う方法としては、インプラントやブリッジ、入れ歯の3つが挙げられます。それぞれ治療期間も費用も異なるので、自身の都合に合わせて最適な方法を選びましょう。インプラントのように、持病がある場合は治療が受けられないこともあるので、事前に歯医者さんとしっかりと話し合うことが大切だといえます。

東京にあるホワイトニングサロンを紹介!

[PR]
長堀橋でインプラント治療を受けよう
専門医院を厳選リサーチ♪

インプラントの治療期間や費用を事前にチェックしよう!

医療器具

インプラント治療に掛かる費用や治療期間

インプラント治療は、期間を開けて複数回に渡って行われます。カウンセリングや事前検診から始まり、まずは顎の骨に土台を埋め込みます。3ヶ月から半年間に渡って経過を観察して、問題がなければそこで初めて義歯が取り付けられます。転勤や留学など、長期間に渡って治療を行うことが難しいのであれば、歯医者さんと話し合って最適なタイミングで治療を行いましょう。費用に関しては、インプラントを何本埋め込むのかで異なります。歯科医院によっても料金設定は異なりますが、大抵は1本30万円から40万円程度の費用が必要となります。インプラントの本数によって費用は大きく異なるので、予算が決まっているのであれば無理のない範囲で治療を受けましょう。前歯などの目立つ部分はインプラントにして、目立たない奥歯はブリッジにするなど、他の治療方法と組み合わせると費用を節約できます。

[PR]
インプラント治療なら大阪市で受けよう
優良医院の情報を厳選リサーチ♪

[PR]
麻布十番で歯医者さんを受診♪
ネットで診療予約が可能☆

[PR]
西新宿で人気の歯科クリニック!
最寄り駅から徒歩3分の好立地☆

広告募集中